東海大、LG21ヨーグルトでピロリ1次除菌率向上を論文発表、高IFよりも社会貢献

(2012.06.12 21:21)1pt
河田孝雄

 東海大学の高木敦司副医学部長/医学部教授らは、Lactobacillus gasseri OLL2716(ガセリ菌LG21)を含むヨーグルト(112g入り)を1日2個、ピロリ菌の除菌治療3週前から4週間摂取すると、3剤併用によるピロリ菌の1次除菌率を向上できることを、229人を対象にした臨床試験で確認した。特に、3剤のうちの1つであるクラリスロマイシンに耐性のピロリ菌に対する除菌率が高くなった。2012年6月8日に都内で開催された「プロバイオティクスシンポジウム2012―第15回記念国際シンポジウム―」(主催:日本プロバイオティクス学会)で発表した。2012年5月にオーストラリア発の専門ジャーナルGastroenterology Hepatology誌(インパクトファクター2.41)に論文発表した成果だ(J.Gastroenterol Hepatol. 2012 May.27(5):851-3)。「この成果はまずは、より著名なジャーナルに投稿したが、3剤併用除菌療法の薬剤の投与量が日本は欧米と異なっている点や、市販のヨーグルトを利用した試験で比較対照にプラセボを使えなかったことから、エビデンスのレベルが(相対的に)低いと判断され掲載に至らなかった」と高木副医学部長は話す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧