第26回健康食品フォーラム「健康食品の方向性と産業界への影響」(主催:医療経済研究・社会保険福祉協会、後援:厚生労働省、農林水産省、文部科学省、消費者庁)が2012年6月12日に都内で開催され、350人ほどが参加した。「全産業876兆円の10.9%を占める95.3兆円の国内生産額がある農業・食料関連産業を、成長産業にする。年2%の成長で10年後に120兆円に拡大させる。2011年9月に農水省に設置された食料産業局の政策フィールドはこの全てが範囲」と、講演者として最初に登壇した農水省食料産業局新事業創出課の都築伸幸課長補佐は話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)