理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹グループディレクターらと住友化学は、ヒト胚性幹細胞(ヒトES細胞)から、胎児の発生過程で見られる目の組織、眼杯を誘導することに成功した。2013年6月13日にCell Stem Cell誌に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)