武田薬品工業は2012年6月8日、アルツハイマー病(AD)の治療薬候補物質TAK-070について、東京大学へ譲渡する契約を6月1日付で締結したと発表した。同社は製品化された場合、販売額に応じた契約一時金やロイヤルティーを受け取る。武田薬品は、戦略上の理由から、TAK-070の開発を中止している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)