ビオフェルミン製薬神戸研究所と理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室の辨野義己特別招聘研究員らは、従来は培養できなかった共生菌の単集落を形成できる新しい技術を開発した。未同定だった腸内常在菌を新たなプロバイオティクスとして利用することに道を開く成果といえる。神戸市で開かれる第16回腸内細菌学会で2012年6月15日に発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)