北里大学学長室通信「情報:農と環境と医療」の第67号が2012年6月1日に発行された。この学長室通信の発行の中心人物である北里大の陽行捷(みなみ・かつ)副学長・就職センター長が農医連携委員会委員長の任期をこの6月末で満了するため、この第67号が最終号になる。冒頭の「農医連携を心した人びと:古来今来」で、これまでに紹介してきた歴史上の人物12人(神話伝説上の帝王も含む。現役は1人)を紹介している。「農と医はかつて同根で、現在でもなお類似した道を歩いている。」「いずれも、生命の探求を基盤にした科学がなすわざであろう。21世紀に入り医学はヒトゲノム、農学はイネゲノムの塩基配列を解読する全作業を完了した。これも農と医がともに生命科学の探求を志している結果である」「農学と医学を連携させることは

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)