富士経済は、2012年2月から4月にかけて調査した国内の清涼飲料市場の結果をまとめて報告書「2012年清涼飲料マーケティング要覧」に掲載したことを2012年6月7日に発表した。その他を含め7分野のうち機能性飲料の市場は、2011年5483億円(前年比94.9%)、2012年見込み5531億円(同100.9%)、2013年予測5531億円となった。2012年見込み市場の前年比増加率が大きいのは、豆乳類に含まれる大豆飲料の29.7%増と、野菜系飲料に含まれるトマト飲料の16.6%増だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)