米United航空、米Boeing社、米Honeywell’s UOP社、シカゴ市航空局(Chicago Department of Aviation)並びにClean Energy Trustは2012年5月23日、12の州にまたがる地域で航空機用バイオ燃料の開発を推進する目的でMidwest Aviation Sustainable Biofuels Initiative(MASBI)を立ち上げたと発表した。これら12州の地域はバイオマス原料が豊富にあり、技術開発、雇用創出により航空機用バイオ燃料開発とその持続可能な商業化の可能性が高い地域であると判断した。MASBIはこの地域でのバイオ燃料開発の可能性を総合的に評価し、地域および国家ニーズを支援してゆく計画。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)