米Scripps Research Instituteの研究者が率いた研究により、人工塩基対を含むDNAの増幅は、予想していたより容易であることが明らかになった。DNAを構成する塩基対の種類を増やすと、天然のDNAよりも多くの情報を伝えることが可能になるかもしれない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)