米Mayo Clinicと米Oakland小児病院などの研究者たちが、ヘッジホッグ経路を選択的に阻害するようデザインされた経口薬「Erivedge」(一般名ビスモデギブ;vismodegib、開発名GDC-0449)を基底細胞がん(BCC)患者に適用した2件の臨床試験で得られた好結果を、それぞれ別個にNEJM誌2012年6月7日号に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)