n-3不飽和脂肪酸(ω3)の多い魚やω3の摂取量が多いグループでは、肝がんのリスクが低いことが、日本の多目的コホート(JPHC)研究で分かった。国立がん研究センター予防研究部の澤田典絵研究員らが、この成果をGastroenterology誌に発表した(2012;142:1468-1475)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)