不二製油は、糖尿病に起因するたんぱく尿や腎硬化を抑制する作用が報告されている大豆たんぱく質の作用メカニズムを、DNAマイクロアレイを利用して解析する研究で成果を挙げている。メカニズムの一端を解明した成果を、2012年6月5日に東京大学弥生キャンパス(東京・文京)で開催された東大ILSI Japan寄付講座「機能性食品ゲノミクス」2期研究成果シンポジウム「“食と健康”を目指す統合食品科学のニューフロンティア」で、不二製油研究本部フードサイエンス研究所の浅野間将志主任が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)