日本エネルギー学会のリサイクル部会、バイオマス部会、ガス化部会は2012年5月18日、「廃棄物、バイオマス、石炭等利用技術の最新動向」とする3部会合同のシンポジウムを都内で開催した。バイオテクノロジーとエネルギーに関する発表として、使用済みキノコ培地やコーヒーかす・茶かす、食品廃棄物のガス化、エタノール化など、産業有機廃棄物の有効活用の発表が行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)