厚生労働省は5月25日、臨床研究中核病院として、北海道大学、千葉大学、名古屋大学、京都大学、九州大学の5カ所を採択したと発表した。厚労省はこの5カ所に、約5億円の整備費と1億円の研究費を5年間にわたって補助し、大学などの研究シーズに基づく、日本発の医薬品、医療機器の創出に結び付けていく計画だ。2011年から始まった早期・探索的臨床試験拠点の整備事業に続くものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)