米Massachusetts General Hospitalなどの研究チームは2012年6月1日、米臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会のポスターセッションで、抗上皮成長因子受容体2(VEGFR2)抗体ramucirumab(開発コード:IMC-1121B)の卵巣がんを対象としたフェーズIIの結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)