米University of California Los Angeles(UCLA)の遺伝子学者は、乳幼児の成長を阻害する希少疾患である、IMAGe症候群に関係する遺伝子変異を発見した。遺伝子変異は、Beckwith-Wiedemann症候群の原因遺伝子と同じ遺伝子で起きる。Beckwith-Wiedemann症候群では、細胞の成長が加速されるため、大きな子供が生まれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)