米心臓協会は2012年5月29日、遺伝子疾患研究が急速に前進する中、患者を保護する画期的なセーフガード措置が必要になっているとして、遺伝子データの悪用防止に向けた新たな政策提言を発表した。提言は、同協会の雑誌inCirculation誌上で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)