米University of Pennsylvaniaの研究チームは2012年5月27日、T細胞が寄生虫を見つけ出すときの行動パターンが、サルやサメ、マグロなどの捕食動物が獲物を狩るときの戦略に類似していることが明らかになったと発表した。この驚くべき研究結果は、免疫系機能の綿密な知識と統計物理学の深い理解を組み合わせた学際的研究において見いだされたもので、研究論文はNature誌で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)