国立成育医療研究センターの研究チームが、胚性幹細胞(ES細胞)由来の細胞を使用した医師主導治験を計画している。開始されれば、国内では初めての事例となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)