カネカのフロンティアバイオ・メディカル研究所が、血液中の中性脂肪を減らす機能を発揮する新規乳酸菌Pediococcus acidilactici R037(以下、R037)の開発を進めていることが分かった。自社で保有する約1000株の中から選び出し、ヒトの試験でもこの作用を確認した。この成果をまずは、2012年5月25日に都内で開催された北里大学乳酸菌プロジェクト公開シンポジウムで発表した。次いで、2012年6月14日から15日に神戸市で開催される第16回腸内細菌学会で発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)