北里大学が2012年5月25日、乳酸菌プロジェクト「分子基盤理解に基づく乳酸菌の健康増進機能の開発とその食・医療への応用」の公開シンポジウムを北里大薬学部(東京・港)で開催し、160人余りの参加者が集まった。企業はカゴメ、サントリーウエルネス、ヤエガキ発酵技研、カネカの4社がそれぞれ乳酸菌関連研究の成果を発表した。乳酸菌株などをライブラリーとして保管していた海洋バイオテクノロジー釜石研究所は2011年3月11日からの東日本大震災の影響を受けたものの、液体窒素で保管していた乳酸菌300株は全て無事であったことも分かった。



※続報で、北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所の跡地における整備状況を追加しました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)