IFReC(大阪大学免疫学フロンティア研究センター)が2012年5月22日、23日に大阪で開催した国際シンポジウム「Dynamism of Immune Reactions & Regulation」において、阪大の岸本忠三教授がIL6に関する最新の研究結果を発表した。岸本教授の発表は、元阪大総長の山村雄一氏の23回忌を記念した特別セッションとして23日に行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)