生化学工業は2012年5月16日、2012年3月期の決算の説明会を開催した。通期業績については、眼科手術補助薬「オペガン」は減少したが、関節機能改善薬「アルツ」で補い売上高は前年度比横ばいとなった。高萩工場製剤棟の減価償却費等の原価、研究開発費が減少したため、営業利益は2桁の増益となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)