1世紀前から、がん細胞が通常細胞に比べ大量のグルコースを消費することは知られてきた。しかし、この特殊なグルコース摂取特性はがんの代謝の一面を示しているにすぎないのかもしれない。米Broad Instituteと米Massachusetts総合病院の研究チームは2012年5月24日、がん代謝物の大規模分析により、がん細胞の分裂の速さとグリシン消費量に相関性があることが示されたと発表した。研究の詳細はScience誌5月25日号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)