理化学研究所ゲノム医科学研究センターの中川英刀チームリーダー(写真右)と国立がん研究センター研究所がんゲノミクス研究分野の柴田龍弘分野長(写真左)らは、25人の患者の、27症例の肝臓がんのゲノムと血液由来の正常DNAを全ゲノム解読し、がんのみで見られる変異を多数発見した。2012年5月27日付のNature Genetics誌オンライン版に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)