抗生物質耐性菌の問題が深刻になっている一方で、新たな抗生物質の開発に取り組む企業は減少している。新たな薬剤の発見が難しいこと、成功裏に開発が進んでも臨床試験の終盤をどのように実施するのかが大きな問題となること、従って承認獲得は容易はないこと、そしてこの領域への資金の投入のきっかけになるような大きな商業的なニーズは無いことが原因と考えられる。苦労して開発しても、新たな抗菌薬が適応になるのは、既存の薬剤に反応しなかった患者のみと考えられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)