米Senesco Technologies社は2012年5月23日、「SNS01」が多発性骨髄腫マウスモデルにおいてプログラム細胞死と腫瘍成長を制御する強力な活性を示したと発表した。論文は米遺伝子細胞治療学会の査読誌であるMolecular Therapy誌電子版に掲載され、印刷版は今夏に発行される予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)