東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻/総括プロジェクト機構「食と生命」総括寄付講座(ネスレ)の高橋薫氏(M2、写真左)と加藤久典特任教授(同右)らは、マイクロRNA(miRNA)をマイクロアレイで網羅的に解析することにより、低たんぱく質食や絶食による栄養状態の変化に応答するmiRNAを特定し、脂肪酸代謝関連遺伝子の発現量変動との関連性を見いだした。仙台市で開かれた第66回日本栄養・食糧学会大会で2012年5月20日午後に発表した。この発表は同大会の一般講演トピックスに選ばれた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)