タニタのバイオヘルスケア事業部は、簡便に食品中のグルコース濃度を測定できる固定化酵素電極法のバイオセンサー「ポータブル・グルコース計」を2012年9月に発売する。東京ビッグサイト(東京・江東)で5月23日に開幕した第17回国際食品素材/添加物展(ifia JAPAN 2012)で、タニタは味の素イノベーション研究所と共同でブースを出し、ポータブルのグルコース計とグルタミン酸計の2機種の試作機を展示発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)