科学技術振興機構(JST)は2012年5月21日、先導的物質変換領域シンポジウム「次世代の触媒化学研究への挑戦─CO2を活用したものづくり─」を開催。2010年のノーベル化学賞を受賞した根岸英一・Purdue University特別教授が基調講演を行い、「いかにしてCO2を有用な有機物にリサイクルするかが有機化学者に与えられた最大の課題だ」などと指摘。「CO2を埋めたり、出さないようにしたりするのには大反対だ」と語り、化学によって環境・エネルギー問題をより積極的に解決する姿勢を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)