米Case Western Reserve University神経科学研究室のR.Miller教授とA.Zaremba研究員らのグループは、ヒトの間葉系幹細胞(MSC)が多発性硬化症(MS)からの回復を促進する過程でHGF-cMet経路が大きな役割を果たしていることを明らかにした。この成果は2012年5月20日付のNature neuroscience誌で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)