米Cytomedix社は、2012年5月16日、RECOVER-Stroke を審査している独立したデータ・安全性評価委員会(DSMB)が、ALD-401のフェーズII臨床試験が、プロトコルに従って今後も継続されることを推奨したと発表した。ALD-401は、患者自身の骨髄から採取した幹細胞である。今回の決定は、虚血性脳卒中のための急性期の治療を受けた最初の10人の患者の臨床安全性データのレビューを踏まえたものである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)