第一三共は2012年5月14日に、2012年3月期の決算説明会を開催した。通期の連結業績は08年10月に子会社化したインドRanbaxy Laboratories社(以下、Ranbaxy社)の増収の寄与があったものの、国内製品の販売権の返還などで減収となった。新薬としては、大型品製品候補のアルツハイマー病治療薬「メマリー」が100億円にあと一歩のところまで売り上げを伸ばした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)