米Codexis社は2012年5月9日、バイオ触媒(biocatalysis)の最近の進展と、この技術がバイオ燃料、再生可能化学品、および医薬品の商業開発に及ぼすインパクトについて論じた総説論文がNature誌オンライン版に、2012年5月9日に掲載されたと発表した。「Engineering the third wave of biocatalysis」と題する論文(Nature 485, 185-194)は、Codexis社、米Emory大学、ドイツGreifswald大学、スイスLonza社、米Merck社、および韓国ソウル大学の研究者たちによって共同執筆された。研究チームは、指向性進化技術がバイオ触媒作用の第3の波を起こした主要な要素であると指摘した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)