米Biogen Idec社は、これまでに行われた臨床試験や市販後調査などの情報を分析して、多発性硬化症(MS)患者に「TYSABRI(タイサブリ)」(ナタリズマブ)を投与した場合の進行性多巣性白質脳症(PML)リスクを推定する定量的アルゴリズムを作成した。詳細はNEJM誌2012年5月17日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)