Affymetrix社のExpression Business Unitの副社長兼General Managerを務めるGeorge Bers氏は、「合意は、がんの予後、予測因子となる可能性を持つまれな細胞の分離をするための技術と、単一のCTC内のRNA転写物および、高い特殊性を持つまれな細胞を発見するためにデザインされた、QuantiGene ViewRNA ISH Cellアッセイ法の2つの技術の組み合わせである」と語っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)