東京大学生産技術研究所の根岸英雄特任助教、柳井秀元特任助教らは、ウイルスと細菌の重複感染が重症化する仕組みを解明した。免疫応答システムの弱点で、ウイルスに対する身体の防御反応には、細菌に対する防御反応を抑制する効果があった。研究成果は、2012 年 5 月20 日にNature Immunology誌オンライン版に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)