京都大学大学院農学研究科の眞鍋祐樹氏(D1、写真)と菅原達也准教授、平田孝教授らは、海洋生物などに含まれるカロテノイドが、受容体の脂質ラフトへの移行を阻害することにより、肥満細胞やB細胞、マクロファージの活性化を抑制することを見いだした。東北大学(仙台市)で開かれている日本栄養・食糧学会第66回大会で2012年5月20日に発表する。この発表は、一般講演トピックスに選ばれた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)