米EdeniQ社は2012年5月9日、既存ならびに新規投資家より総額で3000万ドルの資金を調達したと発表した。その資金調達は、株式への投資とデット・ファシリティー(debt facility)の二つの方式で行われた。株式投資を実行した既存投資家にはベンチャーキャピタルのKleiner Perkins Caufield & Byers、Draper Fisher Jurvetson、Cyrus Capital、The Westly Group、Angeleno Group、I2BF Global Ventures、Element Partnersが含まれ、新規投資家としてKoch Industries社傘下のFlint Hills Resources Renewables社が参加した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)