日本医学会傘下の公益社団法人である日本栄養・食糧学会の第66回大会が2012年5月18日、東北大学(仙台市)で始まった。5月20日までの3日間で587題の一般演題が予定されている。初日の5月18日は、社員総会の後、功労賞と学会賞、奨励賞の授与式、功労賞受賞者のあいさつ、招待講演などが、東北大学百周年記念会館川内萩ホールで行われた。午後は学会賞と奨励賞の受賞講演と、特別講演2題が行われる。各賞の受賞者を記事後半に掲載する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)