米Pfizer社は2012年5月16日、「トーリセル」(テムシロリムス)の進行性腎細胞がん(RCC)を対象とするフェーズIII「INTORSECT」試験で、「ネクサバール」(ソラフェニブ)に比較して無増悪生存期間(PFS)の延長が見られず、主要評価項目が達成されなかったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)