ユニチカ中央研究所は、温州ミカンに多く含まれるカロテノイドの体内への吸収性が、乳製品との同時摂取により向上することをヒト試験で見いだした。東北大学(仙台市)で開催される第66回日本栄養・食糧学会大会で2012年5月19日に発表する。この発表は一般講演トピックスに選ばれた。一般講演587題から選出された21題のトピックスの中で、企業単独の発表はこれが唯一だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)