京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻の伏木亨教授と同研究科食の未来戦略講座(味の素寄附講座)の山崎英恵助教(写真左)らは、ノンアルコール飲料を飲むと気分を切り替えられることをヒト試験で見いだした。アサヒビールの酒類開発研究所とマーケティング本部との共同研究の成果を、東北大学で開かれる日本栄養・食糧学会第66回大会で2012年5月20日、伏木研の豊嶋麻里氏(M1、写真右)が発表する。この発表は一般講演トピックスに選ばれた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)