「Breakthrough with New Technologies」を基調テーマとする日本エピジェネティクス研究会の第6回年会が2012年5月14日と15日に学術総合センター(東京・千代田)で開催され、事前参加登録の375人に当日参加登録の196人を合わせた計571人が参加した。「科学技術振興機構(JST)やシンクタンク、報道関係者も含めて571人」と、年会長を務めた国立がん研究センター研究所の牛島俊和・上席副所長/エピゲノム解析分野分野長は、閉会のあいさつで語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)