大日本住友製薬は2012年5月11日、2012年3月期の通期決算の説明会を開催した。塩酸ルラシドンの契約一時金が無くなった影響で減収減益となった。バイオベンチャー買収によってがん領域に本格的に参入する方針を掲げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)