日本ベーリンガーインゲルハイム(NBI)の経口直接トロンビン阻害薬プラザキサ(ダビガトラン)が発売されて1年、実臨床の中で使用され、同剤のビタミンK拮抗剤ワルファリンに対するメリットと同時に、その投与に想定より慎重さが必要な面も浮き彫りになってきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)