小野薬品工業は2012年5月10日、2012年3月期の決算説明会を開催した。同社の成長を支えてきた自社創製品にジェネリックが参入し、連続で減収となっていた。しかし、当決算では、積極的な導入戦略の成果が表れ、増収増益と一転した。グローバルで開発する候補は8品目、その中に自社創製品も多く含まれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)