米Stanford University医学部の研究チームは2012年5月13日、ソーラーパネル様の極小電池を網膜の下部に埋め込む新たな人工網膜システムを考案したと発表した。特定の網膜変性疾患によって失明した人々の視力を回復できる可能性があるという。研究の詳細はNature Photonics誌、5月13日付電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)