米Complete Genomics社は2012年5月9日、2型糖尿病の遺伝子研究で、米San Antonioのメキシコ系アメリカ人の20家族に属する600人について全ゲノム解読を行ったと発表した。全ゲノム解読による家族研究としてこれまでで最大規模の取り組みで、また、ラテン系人口を対象にこのような研究が行われるのは初の試みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)