日本分析化学会は、毎年春に開催している分析化学討論会を、今年は2012年5月19日、20日に鹿児島大学工学部郡元キャンパスで開催する。2012年5月9日の記者会見で、講演要旨などを公開した。「産業のチカラ・イノベーションの駆動力となる分析化学」「分析化学における現代の溶液反応化学」「環境影響評価と分析化学」「ナノ分析化学の新展開」の4つの討論主題を決め、51件の主題講演を行うほか、一般講演275件、テクノレビュー講演(企業による発表)7件、若手ポスター発表153件の発表を予定している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)